東大・新日鉄エンジ、バイオ燃料製造でエネルギー半減、コストを大幅削減

  • 印刷
  • 共有

東京大学生産技術研究所と新日鉄エンジニアリングは、共同で、「自己熱再生理論」をバイオエタノール蒸留プロセスの設計に適用し、バイオエタノール製造に必要なエネルギーを大幅に削減することに成功したと発表した。自己熱再生理論を実証したのは世界初となる。本技術開発により、エタノール製造で消費するエネルギーを半分以下にするとともに、製造コストの大幅削減も期待できるという。

今回、両者は、NEDOの委託事業「セルロース系エタノール革新的生産システム開発事業」において、バイオエタノール蒸留プロセスの設計に、生産技術研究所・堤研究室が構築した自己熱再生理論を導入し、実証試験によって従来の蒸留プロセスで消費するエネルギーを約85%削減できることを確認した。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報