> > 東京電力、来夏の活用を目指し「スマート節電」の実証試験を開始

東京電力、来夏の活用を目指し「スマート節電」の実証試験を開始

記事を保存

東京電力は、電力の需給状況に応じ、タイムリーに需要を抑制する「スマート節電」の仕組みの構築を目指し、2月上旬より実証実験を開始すると発表した。本実証試験は、各業界の主要企業と設立した「スマート節電を考える会」において実施する。同会は、本年3月末まで活動し、実証試験で得られた知見や課題を踏まえ、汎用性のある「スマート節電」の仕組みを構築し、平成24年度の夏の電力ピーク需要抑制策として活用をめざす。

同社では、ピーク需要抑制策の一環として、恒常的な需要抑制ではなく、「スマート節電」の仕組みの構築を目指して検討を進めてきた。本実証試験では、具体的には、会員の建物の電気の使用実態に応じ、抑制する空調や照明設備などを選定し、設備自動制御システム等を活用した効果的な節電方法について検討する。そのうえで、実際に同社からの依頼に基づき、各建物で需要を抑制してもらい、効果について検証を行う。同社は、「スマート節電を考える会」の会員とともに、「スマート節電」の仕組みを作り上げていきたいとしている。

「スマート節電を考える会」は、同社が昨年12月に、事務所ビル、流通、学校などの業務用電力で電気を使用している顧客9社(会員)ともに、発足した勉強会。同社では、昨年の夏、電力需給のひっ迫を受けて、企業等から空調の温度設定の変更や照明の間引き、操業のシフトなどの協力を得たが、多くの顧客から「昨年の節電活動は、準備も大変で、長期間の節電となり負担が大きかった」との意見が寄せられた。そうした声を踏まえて、同会を発足し、電力の需給状況などについて、会員と当社が相互にコミュニケーションを取りながら、効果的に需要抑制を行う仕組みを検討してきた。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.