茨城県、鹿島下水道事務所の風力発電設備の運転を開始

  • 印刷
  • 共有

茨城県は、鹿島下水道事務所・深芝処理場で整備を進めていた風力発電設備1基の工事が完了し、2月2日より本格運転を開始することを発表した。同設備の出力は2000kwで、同事務所から排出されるCO2削減量、電気使用料が約20%削減できる。これは約1200世帯分の年間電力出力に相当する。

同設備は、茨城県としては初めての風力発電施設。風の強い鹿島港内にあることから、省エネ対策として2010年より建設が進められてきた。総工費は約6億円。風車は日立製作所と富士重工業が共同開発。新エネルギー導入促進協議会の補助を受けている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報