> > 茨城県、鹿島下水道事務所の風力発電設備の運転を開始

茨城県、鹿島下水道事務所の風力発電設備の運転を開始

記事を保存

茨城県は、鹿島下水道事務所・深芝処理場で整備を進めていた風力発電設備1基の工事が完了し、2月2日より本格運転を開始することを発表した。同設備の出力は2000kwで、同事務所から排出されるCO2削減量、電気使用料が約20%削減できる。これは約1200世帯分の年間電力出力に相当する。

同設備は、茨城県としては初めての風力発電施設。風の強い鹿島港内にあることから、省エネ対策として2010年より建設が進められてきた。総工費は約6億円。風車は日立製作所と富士重工業が共同開発。新エネルギー導入促進協議会の補助を受けている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.