横浜市、国内初EVシェアリングを運転免許証で認証できるシステムを開始

  • 印刷
  • 共有

横浜市は、電気自動車(EV)によるシェアリング事業において、会員証の代わりに自動車運転免許証で本人認証ができるシステムを日本で初めて開始した。これより運転免許証の不携帯防止、会員証作成費用削減などの効果が期待できる。

同市は、横浜グリーンバレー構想の一環として、平成23年2月から金沢区の横浜化学工業団地協同組合で、EVによるシェアリング事業を行っている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報