> > 環境省、オフセット・クレジット制度を活用した復興支援事業を開始

環境省、オフセット・クレジット制度を活用した復興支援事業を開始

記事を保存

環境省では、東日本大震災の被災地支援事業として、オフセット・クレジット(J-VER)制度を活用し、被災地でのJ-VERを創出に関わる事業や、それを活用したカーボン・オフセット認証取得事業等を支援する事業を開始する。本事業について、第1次公募として、1月31日(火)より公募を始めた。

事業の内容は、1.被災地で創出されたオフセット・クレジット(J-VER)及び都道府県J-VER(被災地産J-VER等)の創出に係る事業者支援、2.被災地産J-VER等を活用したカーボン・オフセット認証取得に係る事業者支援、3.被災地産J-VER等を活用したカーボン・ニュートラル認証取得に係る事業者支援の3つ。

1.被災地産J-VER等の創出に係る事業者支援では、(1)プロジェクト計画書作成・妥当性確認支援、(2)モニタリング実施・検証受検支援を実施し、費用については100万円を上限に全額を補助する。

2.被災地産J-VER等を活用したカーボン・オフセット認証取得に係る事業者支援では、採択された事業者(全国で20件程度)に対して、カーボン・オフセットプロバイダーが150万円(税抜き)/件を上限に、カーボン・オフセットの企画に対するアドバイス、温室効果ガス排出量算定・オフセット認証費用支援、情報提供ツール作成支援を実施する。

3.被災地産J-VER等を活用したカーボン・ニュートラル認証取得に係る事業者支援では、採択された事業者(全国で3件程度)に対して、カーボン・ニュートラル認証(CN認証)またはカーボン・ニュートラル計画登録にあたっての、カーボン・ニュートラルの企画立案・審査書類作成、温室効果ガス排出量算定、検証費用、情報提供ツール作成について、880万円(税抜き)/件の事業費用を支援する。

公募期間は、1.については、第1次公募は2012年2月17日(金)17:00まで。第2次公募は2月20日(月)~2012年3月13日(火)17:00。2.と3.については、2月29日(水) 17:00まで。また、公募説明会を、宮城県仙台市(2/15)、東京都千代田区(3/7)、岩手県盛岡市(詳細未定)、福島県福島市(詳細未定)にて開催する。

カーボン・オフセットは、自らの排出量を他の場所の削減量(クレジット等)で埋め合わせて相殺するもの。J-VER制度は、この仕組みを利用して、国内で実施されるプロジェクトによる削減・吸収量を、オフセット用クレジット(J-VER)として認証する制度。環境省が2008年11月に創設した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.