> > JFEエンジなど、福島県で温泉の熱を利用した発電事業の調査開始

JFEエンジなど、福島県で温泉の熱を利用した発電事業の調査開始

記事を保存

湯遊つちゆ温泉協同組合(福島県福島市)、宝輪プラント工業(岩手県盛岡市)およびJFEエンジニアリングは、環境省より「平成23年度再生可能エネルギー事業のための緊急検討委託業務」を受託し、福島県福島市土湯温泉町における温泉バイナリー発電の事業化へ向けた調査業務に着手したと発表した。

本業務では、湯遊つちゆ温泉協同組合が所有する源泉から噴出する約150℃の温泉資源を利用し、環境負荷の低いバイナリー発電設備を用いた発電事業を目指して、調査・調整を実施する。三者は、本業務の成果をもとに、約2年後に500kW級の発電事業の開始を目指す。また、将来的には1000kW級に拡大することで、土湯温泉の電力需要を全て賄える規模の発電事業の実現を目標としている。

湯遊つちゆ温泉協同組合は、本業務の全体とりまとめ及び地域社会との調整を行う。宝輪プラント工業は、土湯温泉をはじめ各地の源泉坑井の建設・保守・管理に携わってきた知見を活かし、坑井利用計画および資源量調査を主導する。JFEエンジニアリングは、再生可能エネルギー分野における数多くの実績を活かし、温泉発電設備の設計・検討を担当する。

環境省では、被災地において再生可能エネルギーの導入を加速し、地球温暖化に配慮した復興を目的として調査検討を実施している。本業務は、その施策のひとつとして実施されるもので、温泉の未利用分の熱エネルギーを使う温泉発電を導入し、エネルギー地産地消のモデル地域づくりを実現することを目的としている。

土湯温泉では、東日本大震災と原子力発電所事故の影響で地域経済を支える観光産業が大きな影響を受けており、早期復興による地域経済の活性化が急務となっている。こうした中、地域復興と安心して住み続けられるまちづくりのために設立された土湯温泉町復興再生協議会は「土湯温泉町復興再生計画」を策定し推進している。

バイナリー発電設備とは、高温流体の熱を用いて低沸点媒体を沸騰させタービンを回し発電する設備のことをいう。高温流体のサイクルと低沸点媒体の2つの(バイナリー)サイクルを持つことからバイナリー発電という。投入した高温流体の成分や流量を変動させることなく回収できるため、温泉の効能や湯量に影響をもたらさない。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.