> > 三菱マテリアル、セメント製造で塩素含有廃棄物の増処理を可能とする装置を開発

三菱マテリアル、セメント製造で塩素含有廃棄物の増処理を可能とする装置を開発

 印刷 記事を保存

三菱マテリアルは、セメントを製造する主要装置であるセメントキルンにおいて、塩素含有廃棄物の増処理を可能とする高性能塩素バイパスプローブを開発したと発表した。本開発では、塩素バイパスにおける従来の課題を解決するため、プローブ(ガス抽気部)先端や内部に融着が起こりにくい、高性能塩素バイパスプローブを実現した。これと同時に、塩素の除去量の増加とエネルギー消費を抑止することにも成功した。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.