> > 信越化学、ベトナムにLED部材とレアアース加工の生産会社を設立

信越化学、ベトナムにLED部材とレアアース加工の生産会社を設立

記事を保存

同社は、素材メーカーとして、塩化ビニル樹脂をはじめ、半導体シリコン、レアアースマグネットなど多くの半導体・電子関連材料を手がける。今回、今後も経済成長が期待されるベトナムならびに近隣諸国の需要に対応するため、同国への投資を決定した。高い教育水準と勤勉な国民性による優れた労働力、生産に必要な社会基盤を検討した結果、ベトナムが本投資を行うに最も適しているとの結論に至ったとしている。

高輝度LEDパッケージ材料の新会社名は、「Shin-EtsuElectronicsMaterialsVietnam」。 信越化学は、LEDパッケージ材料のトップメーカーで、同分野で封止材、リフレクター材(反射材)、波長変換フィルムなど次々と新製品を上市している。アジアは各国にLED製品の工場が数多く立地し、中長期的にも大幅な成長が見込まれることから、今回ベトナムでの封止材およびリフレクター材の生産を決めた。さらに、本拠点では、今後LEDパッケージ材料の製品を逐次投入し、生産を拡大させる計画だ。世界市場の中で最も旺盛なアジア市場の需要を取り込むと共に、従来の群馬事業所(群馬県安中市)と併せた生産拠点の複数化によりリスク分散を実現し、世界一のLEDパッケージ材料事業のさらなる強化を図る。

レアアース分離精製を行う新会社名は、「Shin-EtsuMagneticMaterialsVietnam」。信越化学ではこれまで国内で独自の技術により、レアアースの分離精製と、レアアースマグネット(希土類磁石)の加工工程で発生する磁石粉や回収マグネットからのレアアースの精製を行なってきた。本工場では、まずマグネットからのレアアースの回収精製を行い、さらに、世界各地で開発が進められているレアアース鉱山から産出するレアアース原料の分離精製についても検討していく。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.