> > 三菱樹脂、フレキシブル太陽電池向けの高性能なフロントシート本格供給へ

三菱樹脂、フレキシブル太陽電池向けの高性能なフロントシート本格供給へ

記事を保存

三菱樹脂は、フレキシブル太陽電池に不可欠な10-4(g/m2・日)レベルの水蒸気バリア性能を有するフロントシートを開発するとともに、商業生産レベルの供給体制を確立したことを発表した。

同製品は、バリアフィルムを中心に3~4層で構成されており、耐候性や紫外線吸収性、難燃性、接着性などフロントシートに必要な各種機能を有している。すでに米国アリゾナ州のグローバルソーラーエナジー社のCIGS系フレキシブル太陽電池のフロントシートとして採用されており、2012年から本格供給を開始する。

フレキシブル太陽電池は、軽く曲げることも可能で、施工が容易な太陽電池。太陽電池市場は、2015年までに結晶シリコン型を中心に40~50ギガワットまで拡大することが予想されているが、このうちフレキシブル太陽電池は、2012年から市場が本格的に立ち上がり、2015年までには全体の5%まで市場が拡大する見込み。

特にCIGS系などの化合物半導体系フレキシブル太陽電池は、材料コストが比較的安価であるうえ、変換効率のさらなる向上が見込まれており、フレキシブル太陽電池市場拡大における中心的役割を担うことが期待されている。しかし、発電効率の低下を防ぐために世界最高水準となる10-4レベルの水蒸気バリア性能を有するフロントシートが不可欠であり、それが市場拡大の課題となってきた。

そこで同社は、結晶シリコン型太陽電池のバックシートに広く使用されているガスバリアフィルムの生産技術を応用し、2008年に10-4レベルの水蒸気バリア性能を有した超ハイガスバリアフィルムの技術確立に成功。

商業レベルでの量産を実現するべく、2011年に筑波工場内にその製造設備を設置し、本格供給体制の確立を進めるとともに、化合物半導体フレキシブル太陽電池の市場拡大に欠かせない10-4レベルのフロントシートの開発を進めてきた。そのフロントシートがグローバルソーラーエナジー社のCIGS系フレキシブル太陽電池「PowerFlex」に本格採用されるなどしたことによって、今回の商品化に至った。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.