> > ホンダ、ハイブリッド車の世界累計販売台数80万台を達成

ホンダ、ハイブリッド車の世界累計販売台数80万台を達成

記事を保存

ホンダは、ハイブリッド車の世界累計販売台数が、2011年12月末時点で80万台を超えたことを発表した。同社は1999年に、当時、量産ガソリン車として世界最高の低燃費35km/Lを実現した初代「インサイト」を日本で販売開始して以来、ハイブリッド車の開発・販売に力を入れきた。今回は12年2ヵ月での達成となる。

ホンダは、軽量・コンパクトな独創のハイブリッドシステムIMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)を開発し、初代インサイト、「シビック ハイブリッド」や「アコード ハイブリッド」に搭載してきた。

近年では、2009年に発売された二代目インサイトを皮切りに、3年間で合計6モデルのハイブリッド車を投入。2011年には、全世界合計約20万台を販売し、ここ3年間におけるハイブリッド車の販売台数は全世界合計50万台を超えた。また、日本国内では、2011年12月度のホンダ登録車におけるハイブリッド車比率が45%を超えた。

現在、ホンダは2011年に発売された「フィットシャトルハイブリッド」「フリードハイブリッド」「フリードスパイクハイブリッド」など7モデルを販売している。今春にはAcuraブランド初のハイブリッドシステム搭載モデルである「ILX」を北米で発売する予定で、今後さらにハイブリッド車の開発・販売に力を入れていきたい考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.