> > 堺市、タイムズ24のサービスを利用したEVカーシェアリングを開始

堺市、タイムズ24のサービスを利用したEVカーシェアリングを開始

記事を保存

堺市は、低公害車普及促進の一環として、タイムズ24と提携し、電気自動車(EV)のカーシェアリングを開始すると発表した。本事業では、タイムズ24のカーシェアリングサービス「タイムズプラス」を活用する。従来のように市が専用公用車を購入して実施するのではなく、民間の運営事業者がEVを設置し、市職員用の公用車と市民向けの一般車としてサービスを提供するのが特徴だ。

利用期間は平成24年2月1日から平成28年3月31日(50ヵ月)まで。50ヵ月という長期間でのEV公用車のカーシェアリングは、全国初の事例となる。同市ではカーシェアリングサービスの一会員としてEVを利用することで、新たな公用車の利用方法も検討していく。

本事業では、市民にEVの省エネ性能や加速性能などを体験してもらうために、所定の車両を複数で利用するカーシェアリングの運用を行うもの。具体的には、日産自動車の「リーフ」3台、三菱自動車の「i-MiEV」2台の計5台を5カ所の堺市役所周辺のタイムズ駐車場に設置する。そのうち「リーフ」2台、「i-MiEV」1台は堺市職員と市民の方々が常時共用し、各1台は平日を職員専用、休日を市民専用として提供する。5ヵ所のステーションにはEVの充電設備(普通充電:200V)を設置し、充電プラグを差し込むことで車両返却を可能とする独自の充電システムを導入し、次の人へのスムーズな利用を可能とした。本事業により、年間5トン以上のCO2削減効果を見込んでいる。

利用料金は、「リーフ」が15分400円、「i-MiEV」が15分200円。利用できるのは、「タイムズプラス会員」又は「堺市EV会員」の入会者。「堺市EV会員」は、カード発行料、月額基本料金が無料。「タイムズプラス会員」は、カード発行料が1500円、月額基本料金が1000円(無料利用分1000円)。「堺市EV会員」が利用できるのは本事業の5ヵ所のステーションのみだが、「タイムズプラス会員」は全国のタイムズプラスステーションが利用できる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.