全日空など、ミドリムシを活用したバイオ燃料の研究等でベンチャーに投資

  • 印刷
  • 共有

東京大学発ベンチャーのユーグレナ(東京都文京区)は、2011年9月30日付で、清水建設、全日本空輸、電通、東京センチュリーリースを割当先とした総額1億9000万円の第三者割当増資を実施したと発表した。増資後の資本金は4億6065万円となる。同社は、割当先各社と戦略的資本関係を構築し、ミドリムシを使用したバイオジェット燃料、環境関連技術、食品などの研究開発を加速させる。

清水建設とはミドリムシによる環境浄化技術の共同研究パートナーとして、全日空とはミドリムシから抽出した油から生成するバイオジェット燃料の研究について、また、電通、東京センチュリーリースとは、商品素材としてのミドリムシの可能性への出資や、将来の設備投資に関するファイナンスの取り扱いと環境・エネルギー分野での協業に向けた戦略投資として、賛同を得て今回の増資が実現した。ユーグレナは4社と連携し、栄養問題・環境問題・エネルギー問題などに対するミドリムシの活用を目指す。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報