> > 京セラ、ニチコンと提携、太陽光発電と蓄電池を組み合わせた新システムを販売

京セラ、ニチコンと提携、太陽光発電と蓄電池を組み合わせた新システムを販売

記事を保存

京セラとニチコンは、東日本大震災以降、一般家庭などで高まる蓄電池需要に対応するため、エネルギーマネジメントシステム(EMS)に太陽光発電とリチウムイオン蓄電システムを組み合わせた新システムの販売で提携する。両社は、この新システムについて、京セラが本年夏より、国内市場に向けて独占販売することで、契約を締結したと発表した。

新システムでは、「創エネ」の太陽光発電システムと「蓄エネ」の蓄電システムとともに、両者を連系させるシステムとして京セラのEMSを導入し、家庭内での高効率なトータルエネルギー制御を実現した。太陽光発電システムは国内シェア2位の京セラ製を、蓄電システムはEV車載用蓄電システムで国内トップシェアのニチコン製を採用。また、ニチコン製蓄電システムには、世界最大手のサムスンSDI社製の高耐久・大容量のリチウムイオン電池(7.1kWh)が搭載されている。

太陽光発電システム既設の顧客向けには、蓄電システムを販売し、EMSで制御する。より多く蓄電したい顧客は、蓄電システムの増設もできる(合計14.2kWh)。

京セラは、市場動向を見据えたエネルギー関連の研究開発を進め、独自技術を活かしてEMSを開発した。EMSは、太陽電池や蓄電池を制御するパワーコンディショナと、家庭内で使用するさまざまな家電製品と組み合わせて商用電力(系統)と連系させ、家庭のエネルギーを効率よくコントロールする役割を担っている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.