> > 接合面積100倍の太陽電池、物質・材料研究機構による新素材

接合面積100倍の太陽電池、物質・材料研究機構による新素材

記事を保存

※下記記事につきまして、一部誤記がございましたため、次の通り見出しおよび本文記事を訂正させていただきました。お詫びとともに訂正申し上げます。(2012/01/18)
 →本文中「発電量100倍が期待できる」を「接合面積を100倍以上にできる」に、 
  「発電量が100倍になると試算をしている。~同じ発電量が得られることになる。」を「発電量を増大させることができる。」に、
  見出し中 「太陽電池の発電量100倍」を「接合面積100倍の太陽電池」に訂正

物質・材料研究機構の深田直樹グループリーダーは、現在主流となっているシリコン太陽電池において、シリコンナノ構造体を機能的に複合化させることで、接合面積を100倍以上にできる新構造の太陽電池材料を開発した。シリコン材料の削減による低コスト化と変換効率向上を両立する、これまでにない新しい太陽電池材料として、5年後に実用化する予定だ。

今回開発したシリコン太陽電池材料は、ミクロの棒のようなナノワイヤ型のシリコンナノ構造体を多数直立させ、剣山のような形をしている。この構造により、発電できる面積を増やすとともに、反射を低減させ、吸収効率を増大させることで、シリコン材料を平らに積み重ねる従来の同面積の構造に比べ、発電量を増大させることができる。

ナノメートルは、10億分の1の量であることを示す単位。深田氏は、シリコンナノ構造を用いた新しい高機能・高効率の太陽電池材料の開発に注力している。材料の種類・構造の革新なくしては、シリコン太陽電の性能構造は見込めず、中国、インドの企業が太陽電池産業での攻勢を強める中、付加価値に高い材料開発を行う必要があるとしている。

なお、本研究成果は2月15日~17日に東京ビッグサイトで開催されるNanotech2012でも報告される予定。事前登録により無料で入場することができる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.