JR東日本、宇都宮で「有機薄膜太陽電池」の導入試験を実施

  • 印刷
  • 共有

JR東日本は、1月25日より栃木県宇都宮市の日光線鶴田駅「有機薄膜太陽電池」の基礎評価試験を開始することを発表した。同試験は、同駅通路屋根の一部に、有機薄膜太陽電池や蓄電池等で構成されるシステムを設置し、2013年2月中旬までの約1年間、稼働状況を確認するもの。

有機薄膜太陽電池は、有機薄膜半導体を使った太陽電池の一種。「光を通す」「軽い」「薄い」「曲げることができる」などの特長があり、開発段階ながら新しい太陽電池として注目されている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報