> > 富士通、グループ初の地中熱採熱システムを長野工場に導入

富士通、グループ初の地中熱採熱システムを長野工場に導入

 印刷 記事を保存

富士通は、省エネルギー化やCO2排出量の削減、また、運用ノウハウの取得を目指し、地中熱を採熱するシステムを、富士通グループとして初めて、長野工場(長野県長野市)に導入すると発表した。1月上旬より運用を開始する。安定性、コスト性に優れた地中熱を熱源として利用することで、従来の設備と比較し、燃料使用量を原油換算で年間約47kL、CO2排出量を年間約120t削減できると試算している。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.