> > JST・名大、排熱を電気エネルギーに変換する熱電材料の評価手法を開発

JST・名大、排熱を電気エネルギーに変換する熱電材料の評価手法を開発

 印刷 記事を保存

科学技術振興機構(JST)と名古屋大学は、排熱(熱エネルギー)を電気エネルギーに変換する熱電材料について、電界効果を利用して1つの試料で性能を最適化する画期的な評価手法を開発したと発表した。これまで、熱電材料の探索には膨大な時間が費やされてきたが、本手法を用いることで大幅な削減が可能となり、高性能な熱電材料探索の加速が期待されるという。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.