> > 環境省、放射性物質に汚染された廃棄物に関するガイドラインを公表

環境省、放射性物質に汚染された廃棄物に関するガイドラインを公表

記事を保存

環境省は、12月27日、事故由来放射性物質により汚染された廃棄物の保管や処理の基準を定めた環境省令などを具体的に説明する「廃棄物関係ガイドライン」を公表した。

同ガイドラインは五部構成で、第一部の「汚染状況調査方法ガイドライン」では、廃棄物の汚染状況の調査方法について説明。第二部「特定一般廃棄物・特定産業廃棄物関係ガイドライン」、第三部「指定廃棄物関係ガイドライン」、第四部「除染廃棄物関係ガイドライン」では、廃棄物の種類ごとに、現場保管、収集運搬、中間処理、埋立処分方法などを説明。第五部「放射能濃度等測定ガイドライン」では、第二部から四部のガイドラインに共通する測定技術手法がまとめられている。

東北地方太平洋沖地震に伴う原子力発電所の事故によって放出された放射性物質による環境汚染や、人々の健康や生活環境に及ぼす影響が問題となるなか、今年8月に「平成二十三年三月十一日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う原子力発電所の事故により放出された放射性物質による環境の汚染への対処に関する特別措置法」が議員立法により可決・成立し、公布された。

これを受け、環境省では、廃棄物の排出者、市町村等を含む廃棄物処理を行う者などに向けて、具体的にわかりやすく説明するため、今回のガイドラインを策定。特定一般廃棄物・特定産業廃棄物関係など法の施行に最低限必要な事項のみを先行的にまとめた。特定廃棄物に関する事項など、今回公表された第1版に記載されていない事項については、今後速やかに追加する予定。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.