> > NTT東日本、家庭向けに低コストな電力見える化サービスを提供

NTT東日本、家庭向けに低コストな電力見える化サービスを提供

記事を保存

本サービスは、月額210円(税込)、対応機器(無線親機、分電盤計測器)がレンタルの利用で月額210円(税込)、計420円(税込)という手軽な料金での利用できるのが特徴。また、対応機器の取り付けは、トライアルユーザの85%が顧客自身で行っており、新築物件だけでなく既築物件にも設置が可能。

東日本大震災に端を発した電力不足に伴い、企業だけでなく、家庭内においても効果的かつ長期的な節電の取り組みが求められている。そこで、同社は、家庭の消費電力量や電力会社が提供する電力供給情報を可視化することで、家庭内の節電およびCO2削減をサポートする「NTT東日本-電力見える化サービス(仮称)」を平成23年7月からトライアル提供してきた。今回、本格サービスとして広く利用したいというニーズが高いことを踏まえ、「フレッツ・ミルエネ」として、提供を開始することとした。

本サービスは、家庭全体の消費電力量や家電個別の消費電力量を推計・計測し、パソコン、スマートフォン等ブラウザに表示する機能のほか、電力会社より提供される電力供給情報を「使用量」「供給能力」「使用率」で数値表示する機能などを備える。また、月ごとの使用電力量目標を設定し、進捗度合いを表示する機能や、ユーザが設定した属性(地域・家族構成等)ごとに電力消費状況の順位を表示するランキング表示機能も搭載する。

「フレッツ光」はNTT東日本の光ブロードバンドサービス(アクセス回線)で、「フレッツ光ネクスト」「フレッツ光ライト」「Bフレッツ」のインターネット接続サービスの総称。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.