> > 東北電力、同社初のメガソーラー青森・八戸太陽光発電所の営業運転を開始

東北電力、同社初のメガソーラー青森・八戸太陽光発電所の営業運転を開始

記事を保存

東北電力は、12月20日、同社初のメガソーラー発電所八戸太陽光発電所の営業運転を開始した。青森県八戸市の八戸火力発電所の構内に建設された八戸太陽光発電所は、出力1500kWで、年間約160万kWh(一般家庭約500世帯分)を発電するとともに、年間約800トン(一般家庭約160世帯分)のCO2排出量を低減することができる。

同社は、2020年度までに合計10,000kW程度のメガソーラー発電所を建設する計画で、八戸太陽光発電所は、その先行開発地点として2011年2月に工事が開始されていた。当初は2012年1月に営業運転を開始する計画だったが、1カ月早まった。

太陽電池モジュールは、先行開発のため、多結晶シリコン、薄膜系シリコン、薄膜系化合物の3種類の太陽電池モジュールを採用。それぞれの比率は、多結晶シリコン1000kW、薄膜系シリコン250kW、薄膜系化合物250kW。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.