> > JA三井リリース・東芝系、工場向けに初期投資なしの照明高効率化サービスを提供

JA三井リリース・東芝系、工場向けに初期投資なしの照明高効率化サービスを提供

記事を保存

本サービスは、JA三井リースと東芝ライテックが共同で取組む初のサービス型ファイナンススキームで、工場は、月々のサービス料のみで「照明設備の高効率化」、契約期間中の「予備ランプ供給」、「照明設備利用状況の見える化」の各サービスを利用できる。三井造船玉野事業所は10月から本サービスを導入した。これにより、従来と比較して、年間で最大約57%の電力使用量削減と、最大886トンのCO2削減効果を見込む。

三井造船玉野事業所の具体的なサービスとして、「照明設備の高効率化」では、既設水銀灯2028灯を東芝ライテックのセラミックメタルハライドランプ「HL-ネオセラ2」に更新した。「予備ランプ供給」ではランプ不点灯時に新品ランプを供給する。「照明設備利用状況の見える化」では、オムロン製エネルギー管理システム「e-watching」を利用し、照明設備の電力使用状況を計測し、電力削減量・CO2削減量・照明使用時間を報告する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.