> > 日本ガイシ、NAS電池火災事故により最終赤字400億円を予想

日本ガイシ、NAS電池火災事故により最終赤字400億円を予想

 印刷 記事を保存

日本ガイシは、今年9月21日、茨城県常総市の三菱マテリアル筑波製作所で発生したNAS電池の火災事故の影響により、移転価格税制に基づく更正処分の通知を受ける見込みとなったことから、10月28日に公表した平成24年3月期通期業績予想を修正し、最終利益が400億円の赤字になる予想を発表した。同社の最終損益が赤字になるのは上場以来初。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.