> > クレハとクラレ・伊藤忠、植物由来原料のリチウムイオン電池材料で提携

クレハとクラレ・伊藤忠、植物由来原料のリチウムイオン電池材料で提携

記事を保存

クレハ、クラレおよび伊藤忠商事は、リチウムイオン電池(LiB)の主要部材である負極材「ハードカーボン」の共同開発・事業化で提携する。クレハとクラレは、このほど植物由来原料の新規開発品「バイオカーボトロン」の共同事業化に向けて合意したと発表した。

クレハとクラレは、粒子が硬いことからハードカーボンと呼ばれるLIB用負極材の新規品の共同開発を進めて来た。今回の提携により、クラレは、来春を目処にクレハと伊藤忠の合弁による電池材料事業会社であるクレハ・バッテリー・マテリアルズ・ジャパン(KBMJ、本社:東京都中央区)に資本参加・人材投入する。また、KBMJとクラレグループのクラレケミカル(本社:大阪府大阪市)の生産合弁会社を新設し、2013年には年産1000トンレベルで量産・供給体制を構築する。

クレハは、石油などの副生成物を原料としたピッチ系ハードカーボン『カーボトロン(R)P』を事業化しており、その特性である充放電特性と耐久性が評価され、産業用や車載用大型LiB用途などに活用されている。近年、ハイブリッド車・電気自動車向けのLiB開発が活発化する中で、ハードカーボン固有の特性が注目されており、多様化する自動車・電池メーカーからの品質要求に対応する新規品の開発が求められていた。

クラレは、活性炭事業等を通じて得られた炭素材に関するノウハウを活かし、新規ハードカーボンの開発に取組み、成長分野であるLiB部材市場での事業拡大を図る。伊藤忠は、二次電池分野取組み強化の一環として、LiB関連素材事業における投資を積極的に行っており、負極材分野においても、カーボトロン(R)Pのグローバル展開を加速させている。

ハイブリッド車用・電気自動車用だけでなく、定置用、スマートコミュニティ、家庭用等LiB市場は今後急速な普及が見込まれており、負極材の需要量は現在の年間数千トンから、10年後には年間10万トン以上に達すると予想されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.