> > ホンダ、中国・広州で電気自動車の実証実験を開始

ホンダ、中国・広州で電気自動車の実証実験を開始

記事を保存

ホンダは、中国・広州市政府及び広州汽車集団と共同で行う電気自動車(EV)実証実験の開始を記念する式典を11月8日に行うとともに、実証実験用の車両基地を初公開した。

今回の実験では、広州市内の実際の都市交通環境下で車両を走行させることで、EVの実用利便性を検証するとともに、将来の普及に向けた技術的な課題を抽出し、中国における最適なEVの開発にフィードバックする。

また、航続走行距離の検証、ユーザーによる日常走行などを踏まえて、充電1回当たりの走行距離と充電パターンを確認し、最適な充電インフラ整備に向けた提言を行う。現地の状況に適したインフラ整備を行うことが、同実験の成否の鍵となりそうだ。

今回の実験で使用される車両は、フィットをベースに燃料電池電気自動車「FCXクラリティ」で培った同軸モーターなどの電動化技術と、先進的なリチウムイオンバッテリーを搭載した実証実験車用の「フィットEV」。充電時間は220V電源で6時間以下、航続走行距離は150km以上。

なお、広汽本田汽車では、2012年内を目標に中国でEVの現地生産を開始する予定だという。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.