> > TDK、新工場をスペインに開設 送電効率改善システムの部品生産のため

TDK、新工場をスペインに開設 送電効率改善システムの部品生産のため

記事を保存

TDKのグループ会社であるTDK-EPCは、スペイン・マラガにおける2カ所目の工場として、パワーコンデンサなどの開発・製造を手掛ける新工場を建設した。

同工場は、ParqueTecnologicodeAndalucia工業団地内に位置し、6000m2の製造フロアを有する。ラボとオフィスの入った1500m2の別棟では研究開発を行う。1~2年の移行期間を経て、マラガにおける生産と研究開発機能をすべて新工場に集約する予定だという。

TDKのマラガ工場では、産業用駆動装置や鉄道車両・車載用電子機器など従来のアプリケーション分野のほか、近年注目される再生エネルギー分野など、重要な成長市場に製品を供給している。

新工場では、主に風力発電機や太陽光発電施設、送電効率を改善するシステムなど使われるパワーコンデンサを生産する。パワーコンデンサは、高圧直流送電システムの送電効率を改善するために使われる重要な部品で、環境保護とエネルギー効率改善に貢献する革新的製品として注目されている。

TDKは、新工場の操業により、スペイン市場における長年のプレゼンスのさらなる強化・維持を目指す。同社は新工場の建設に2000万超ユーロを投資。フル稼働後の年間売上は5000万ユーロを超える見通し。マラガの両工場には現在、約400名の従業員がいる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.