> > 日本原子力研究開発機構、セシウム除染支援ソフト開発

日本原子力研究開発機構、セシウム除染支援ソフト開発

記事を保存

日本原子力研究開発機構は、セシウムで汚染された土壌等による被ばく線量について、除染によって空間線量率がどのように低減するかを評価できるソフトウエアを開発した。

同ソフトウェアは、自治体等で被ばく線量を効率的に低減するための除染の方法や手順の検討、除染効果の評価等に活用されることが期待されている。同機構ホームページにおいて11月2日より無償で公開される。

福島第一原子力発電所事故で生じた環境汚染による被ばく線量を低減するために、今後、各地で除染作業が進められる。同ソフトウエアは、除染作業に先立ち、除染の効果を評価し、被ばく線量を効率的に低減するための除染方法や手順の検討を支援することを目的に開発された。

除染対象エリアの地形データに、文部科学省で実施している航空機モニタリングのデータや放射線モニタリングで得られた測定データを入力することにより、空間線量率の分布を評価し、地図上に表示。分布図上で放射性物質を除去する範囲を指定すると、空間線量率がどのように低減するかが数秒で計算され、その結果が地図上にカラーマップで表示される。計算結果は、3次元で詳細に放射線の挙動を計算するコードとほぼ同程度の精度であることが確認されている。

同ソフトウエアを使用することにより、目標とする値まで空間線量率を低減するために必要となる除染の範囲や放射性物質の除去割合について様々なケーススタディを短期間に行い、最適な除染方法を検討することができる。

対象は、学校等の公共施設、民家、農地または森林等を含む広範囲の領域。Microsoft(R)Excel2007及び2010で利用可能。放射線モニタリングデータや除染条件の入力、計算結果の表示は、グラフィカルユーザーインターフェースを通して、簡単に行うことができる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.