> > 東芝ライテック、LEDの体感型ラボで受注生産を促進

東芝ライテック、LEDの体感型ラボで受注生産を促進

記事を保存

東芝ライテックは、照明を扱うプロフェッショナル向けに、LED体感型ラボ「CO-LAB(コラボ)」を東京都港区に11月4日から開設すると発表した。同施設は、展示された商品を見るだけではなく、同社が提案する快適・省エネな明るさ感を表すコンセプト「Weluna(ウェルナ)」に基づく「あかり空間」を体感することができる。また、同施設の開設に合わせて、オフィスや店舗等、さまざまな空間に合わせてLED照明を受注生産するシステム「E-CORE Custom(イー・コア カスタム)」の運用を開始する。

「CO-LAB」で各種仕様を体感しながら選択、決定し、柔軟性の高いLEDモジュール生産システムを有する「E-CORECustom」を利用することで、納期の大幅な短縮を実現する。システム運用開始当初は、システム天井用照明を中心に受注を開始し、順次適応製品の拡大を図っていく予定だ。

同社では、従来のような水平面照度だけでなく、目に届く光のうち、壁や床面、天井面などで反射して届く間接光(目に届く間接照度)に着目。「空間の明るさ感」を定量的に捉え、快適・省エネな明るさ感を表すコンセプト「Weluna(ウェルナ)」に基づいて、照明空間の提案を行っている。また、現在、オフィスや店舗等では、空間に合わせたさまざまな「あかり」の需要が拡がっている。同社では、このようなニーズに応えるため、色温度や演色性を体感しながら、効率や器具形状等の仕様を選択できるカスタム受注生産システムを導入する。

「CO-LAB」は、「Site-01」と「Site-02」の2エリアで構成。「Site-01」には、「LED照明の基本的な仕組み」「住宅照明」「屋外照明」「店舗照明」「オフィス照明」「簡易シミュレーション」の6つのゾーンがある。「店舗照明」のゾーンでは、明るさ感を表す「Weluna」を提案、色温度から演色性までも連続的に可変・再現できる照明システムを導入する。

「Site-02」では、実際にLED照明を使用する環境を想定したシミュレーションを実施することができる。3つの昇降天井を設置し、床面や壁面の素材を変えながら、最適な照明を選択するためのシミュレーションを行う。システム天井に合わせた照明器具のカスタマイズや、スタジオやホール等でのシステム照明等、実際の使用環境に応じた商品選択をサポートする。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.