> > 三井化学・東芝など、愛知に国内最大規模の太陽光・風力発電を建設

三井化学・東芝など、愛知に国内最大規模の太陽光・風力発電を建設

記事を保存

三井化学、東芝など6社は、愛知県田原市において、中部電力の協力のもと、国内最大規模の太陽光・風力発電所を建設するため、事業化検討を開始すると発表した。
事業名称は、「たはらソーラー・ウインド共同事業」。本事業は、発電能力50MWの太陽光発電所、6MWの風力発電所を建設し、太陽光発電・風力発電事業を行うもの。発電した電力は、再生可能エネルギー推進特別措置法に基づき、全量を中部電力へ販売する。総投資額は約180億円。着工は2012年6月、完工は2013年9月を予定している。事業期間は18年間。設置場所は、三井化学所有地(田原市緑が浜)で、広さは東京ドーム約17個分に相当する約82万m2。

参加企業は、前述の2社のほか、三井物産、東亞合成、東レ、三井造船の6社。6社は、本事業について、事業化検討を実施することで基本合意に達した。中部電力又は同社グループ会社も参画を検討中。愛知県、田原市も本プロジェクトを支援する。また、必要な資金は、日本政策投資銀行から融資を受ける予定。

本事業の特徴として、太陽光・風力発電に関する技術、製品、事業運営等に知見・実績を持つ6社が共同で実践することがあげられる。今後、国内では、再生可能エネルギーの推進に向け、数多くの太陽光発電事業(メガソーラー)、風力発電の事業展開が見込まれているが、発電システムや系統連系等について、更なる技術開発やコスト引下げなどが求められている。本事業において、参加各社は、長期間運営する過程で生じる様々なノウハウや課題情報を共有、協力して課題解決に取り組み、再生可能エネルギーの推進に寄与していく考えだ。

三井化学は、太陽電池封止シート「ソーラーエバ™」や太陽電池用接着剤、風力発電にも適した潤滑油添加剤「ルーカントR」等の製品を展開し、再生可能エネルギーに関連するその他の複数の素材開発にも取り組む。本事業を通して開発を加速させる。東芝は、太陽光発電設備に関する設計、調達、建設を担当する予定。

なお、本事業による太陽光及び風力発電合計の発電量は、年間約6万7500MWhで、田原市総世帯の約9割に当たる約19000世帯の使用電力量に相当する。これにより、年間で約3万2000tのCO2削減を見込む。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.