> > 放医研、放射線モニタリングシステムを開発、汚染マップ作成にも有効

放医研、放射線モニタリングシステムを開発、汚染マップ作成にも有効

記事を保存

放射線医学総合研究所は、緊急車両に放射線計測器を搭載し、放射線量等をリアルタイムに確認できる、革新的な放射線モニタリングシステム「ラジプローブ」(仮称)を開発したと発表した。

本システムは、市販の放射線検出器、GPSユニット、通信機器等と独自開発のソフトウエアを組み合わせたもので、検出器を搭載した緊急車両を走行させることにより、そのエリアの放射線量、エネルギーの情報、測定位置、現場映像を遠隔地の災害対策拠点等からリアルタイムに確認できる。

例えば、拠点に置かれたパソコンで、走行ルート上の放射線量、放射性物質の種類を知るのに必要なエネルギーの情報(エネルギースペクトル)、走行中の地図上の位置と実際の映像をリアルタイムに表示することが可能。

また、本システムは衛星通信の使用により、地上の通信回線が不通の場合にも対応する。さらに、初動対応者に避難の必要性が生じた場合には、避難指示を出す機能も備えており、初動対応者の安全確保にも役立てることができる。

本システムは、小型の機器で、スマートフォン(カメラとGPS付き)にも対応しているため、原子力災害現場だけでなく、現在求められている地域や公園等の汚染状況の把握など、様々な場面での応用が考えられている。地域や公園等の空間線量率マップ作成では、車や自転車、徒歩で移動することにより、現地の画像付きで、リアルタイムに汚染状況を把握して、マップ上に落としこむことができる。

現バージョンでの販売等は予定されていないが、今後、自治体やIT企業等の協力を得て、市場ニーズに合致した、使いやすいシステムへ改良し、製品化に向けた取り組みを進めていく予定だ。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.