> > シチズン電子、世界初の大光量照明用LEDを開発

シチズン電子、世界初の大光量照明用LEDを開発

記事を保存

シチズン電子は、世界で初めて17675lmの大光量を実現したLEDなど、照明用LEDを開発したと発表した。今回開発したのは、5パッケージ11品種(各6色)の計66モデル。
光量に幅のあるLEDを、約100lm~17675lm(0.8W~184Wクラス)の明るさまで、途切れなくラインナップ。既存光源では数百種類にも及ぶ電球10Wから水銀灯300Wまでに相当する光量をカバーする。

1個のLEDで賄える光量の幅が広いことと、発光効率重視または光量重視などの選択ができることが特徴で、様々な既存光源の置き換えに対応する。駆動条件により155lm/Wを超える高い発光効率での使用も可能。量産開始は2011年11月の予定。

今回の新製品用として、光束等の入力でモデルの絞込みを行い、求めるLEDが簡単に選択できるシミュレーションツールを用意した。

新製品の照明用LEDは、高い放熱性と耐熱性効果をもつ独自のチップ・オン・アルミ工法を採用。部材の再選定と最適化により、光の取り出し効率をより高めることで、1個のLEDで賄える光量と発光効率を40%向上させた。5000K、Ra65タイプでは、17675lmの大光量を達成し、LED1個あたりの光量を従来品最高の4390lmから飛躍的に高めている。

一般家庭の白熱電球をはじめ、商業施設のダウンライトやスポットライト、街路灯やライトアップ用投光器など、LEDに置き換えるときは、通常LED1個では必要な光量を確保することは難しく、用途に合わせて複数個のLEDを器具内に設置している。

その場合、器具の大型化や、複数個の光源が存在することにより重なった影ができるマルチシャドウの弊害があった。今回、LEDの形状を5パッケージに抑えたことで、LED周りの光学設計の共通化を図り、器具設計の効率化も実現する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.