> > 博報堂と早稲田大学、スマートシティ共同研究事業を始動

博報堂と早稲田大学、スマートシティ共同研究事業を始動

記事を保存

博報堂の企業内大学HAKUHODOUNIV.(通称:博報堂大学)次世代電動生活™ラボと早稲田大学環境総合センターは、中小都市を対象とした、次世代まちづくりに関する共同研究プロジェクトを発足したと発表した。

現在、スマートシティ(環境配慮型都市)に代表される次世代型まちづくりは、大都市を想定した研究が進んでいるが、高齢化対策や産業振興など、複雑な課題を有する中小都市を想定した研究は未だに不十分な段階にとどまっている。共同研究プロジェクトでは、この分野を対象として共同研究を実施する。その成果は、平成25年度の完成を目指して、整備が進められている本庄早稲田駅周辺土地区画整理事業に関する実証実験に活用し、地方都市における新たな次世代型まちづくりモデルの創出を目指す。研究期間は、2011年10月18日~2013年3月31日を予定。

具体的には、本庄早稲田駅周辺地区における土地区画整理事業を通じて、都市工学的な視点に加え、地域生活者側のニーズを踏まえた都市計画研究を実施し、地方都市でのまちづくりモデルを創出する。HAKUHODOUNIV.次世代電動生活™ラボは、生活者調査から導かれるニーズ予測やまちづくりのコンセプト策定に関するノウハウを、早稲田大学環境総合センター(理工学術院創造理工学部建築学科後藤春彦教授)は、次世代エネルギー技術に対応した都市インフラに関する研究成果を提供する。

同ラボは、スマートシティにおける生活者意識・行動を研究してきた。また、同環境総合センターは、都市計画・都市景観などの都市工学分野や次世代エネルギー分野において最先端の研究実績を有する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.