> > パナソニック、LED誘導灯リニューアル提案書作成ソフトを開発

パナソニック、LED誘導灯リニューアル提案書作成ソフトを開発

記事を保存

パナソニック電工は、従来の蛍光灯の誘導灯に比べて、約93%の省エネが可能なLED誘導灯へのリニューアルを促進するため、代理店や電気工事店向けの「LED誘導灯リニューアル提案書作成ソフト」を開発・導入し、誘導灯の取り替えを提案、サポートする。
誘導灯は、ビルや公共施設などで設置が義務付けられている防災照明器具。火事、地震、落雷などが原因の停電時など、災害時に欠かせない。

東日本大震災以降、ビルなどの施主やビルマネジメント会社、メンテナンス会社でも防災・節電への意識が高まっているが、既設建築物の誘導灯をLED化すると初期費用がかかるというイメージが強く、また代理店や電気工事店などにおいて提案書作成の手間がかかるということもあり、なかなかリニューアルが進まず、古い誘導灯がそのまま使用されている建物が多く見受けられる。

そこで同社は、LED誘導灯への取り替えをより簡単、正確、スピーディに提案し、納入できるよう「LED誘導灯リニューアル提案書作成ソフト」を新たに開発し、同社ホームページの会員制サイトに公開した。

同ソフトでは、現場調査表を活用したスムーズな現場調査から、簡単に提案書が作成できる。提案件名管理台帳で、継続した件名フォローも可能。

会員登録後、まず既設誘導灯の品番など必要事項を入力することで、自動的にLED誘導灯と、必要時のみリニューアルプレートが選定でき、償却年数グラフや10年間の総費用比較、既設の蓄電池を交換した場合の見積もり金額などを記載した提案書を作成できる。

また、提案件名管理台帳を活用することで、次回の蓄電池・器具の交換提案時期を把握することができ、効率的な管理が可能となる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.