> > アイリスオーヤマ、人感センサー付LEDで省エネを更に加速

アイリスオーヤマ、人感センサー付LEDで省エネを更に加速

記事を保存

アイリスオーヤマは、業界初の小形電球タイプを含む人感センサー付LED電球「ECOLUX(エコルクス)」の追加製品4種類8アイテムを10月17日から発売する。これによりECOLUXの人感センサー付LED電球は、全部で5種類10アイテムとなる。

今後、法人向けを含めて年間約100万個の出荷を目指し、2011年度のLED電球・直管形LEDランプを合わせたLED照明全体の売上目標は120億円を見込んでいる。

節電に対する意識が浸透するなか、同社が4月に発売した人感センサー付LED電球は発売以来5ヶ月で計画数の5倍にあたる30万球を販売。

同製品は、一般白熱電球と比べ消費電力8割カットのLED電球に自動点灯自動消灯の機能がついていて、一層の節電が可能。人の動きを感知して点灯し、一定時間が経過すると段階的に暗くなり消灯する。明暗センサーが部屋の明暗を判別し、必要な時だけ点灯させることができるので、消し忘れによる電気の無駄遣いを防ぐことができる。

また、消費電力が一般白熱電球の15~20%で節電になるだけでなく、電気代やCO2排出量を大幅に削減することが可能。寿命は、一般白熱電球の約40倍にあたる40000時間を実現していて、毎日10時間常時点灯しても10年以上取り替えの必要はない。人がいない時は自動消灯するので、寿命はさらに長くなる。

一方で「他の部屋にも利用したい」「部屋によって明るさを選びたい」などの声があがったため、今回、そのようなニーズに対応するため、人感センサー付LED電球の追加製品を発売するに至った。

E26の一般電球タイプは6アイテムを追加。場所に合わせて20W相当から60W相当までの明るさを選ぶことができる。E17の小形電球タイプは新規で2アイテムを発売。ダウンライトで多用されている小形電球用照明にも対応できるという。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.