> > パナソニック、テスラモーターズへEV用リチウムイオン電池を供給

パナソニック、テスラモーターズへEV用リチウムイオン電池を供給

記事を保存

パナソニックは、テスラモーターズと、自動車用リチウムイオン電池の供給契約を締結したと発表した。本契約に基づき、パナソニックは、今後4年間でテスラが生産する自動車8万台分以上のリチウムイオン電池を供給する。

今回、供給する自動車用リチウムイオン電池は、テスラの高級EVセダン「モデルS」に搭載される。本契約により、テスラは、6000台を超える予約分を含め、2012年に量産体制に入る「モデルS」の生産に十分な電池供給量を確保するとともに、「モデルS」の目標とするコストと利益の実現に目処をつけた。

両社は、次世代電池の開発およびEV市場の拡大を加速するため、これまで複数年にわたり協力関係を構築してきた。2009年に最初の供給契約を締結、2010年にはパナソニックがテスラに対し3000万ドルを出資している。今回、「モデルS」に搭載されるのは、両社の提携により新しく開発された電池で、テスラロードスターでの1500万マイル以上の走行実績と、数千時間におよぶ電池パック試験により、高性能を実証している。

パナソニックのリチウムイオン電池は、ニッケル系正極を用いた独自技術により、高エネルギー密度と、業界トップクラスの性能を実現している。このニッケル系正極の技術をベースに、両社は共同で次世代電池を開発し、EVの要求を満たす性能や寿命の最適化に取り組んできた。

テスラは、自社のEV生産に加え、EV用の電池パックとパワートレイン(EV駆動システム)をトヨタ自動車やダイムラーなど他の自動車メーカー向けに製造している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.