> > 冬の節電、石油ストーブの需要が急拡大

冬の節電、石油ストーブの需要が急拡大

記事を保存

ジーエフケーマーケティングサービスジャパンは、家電量販店店頭における暖房家電の販売動向を発表した。これによると、防災、節電対策から石油ストーブの需要が急拡大し、10月第1週の販売台数は需要ピークの12月水準に達し、記録的な販売増となった。また、電気暖房では、こたつ、電気カーペット、電気毛布などサブ暖房としての使用に適したものが好調に推移。今冬シーズンの暖房家電市場について、同レポートは、“組み合わせ使用・使い分けによる節電”をキーワードに需要の活性化が期待されると分析する。
石油暖房市場は、過去10年、縮小傾向であったが、震災を機とした防災・節電意識の高まりから需要が急速に拡大。9月期販売台数は、石油ストーブが前年同月の約16倍、石油ファンヒータが1.8倍となった。特に石油ストーブの販売は、約2ヵ月シーズン前倒しで推移。電池で点火し停電時も運転が可能なことから、防災や冬の節電対策として需要が増加しているとみている。今夏に向けて、節電対策として扇風機の需要がシーズン前に大幅に膨らみ、夏本番には在庫不足となった。扇風機の事例を教訓に、販売店が売り場を例年より早く大きく設置していることも、消費者の早期購入意欲を後押ししている。

暖房家電コーナーが早期に設置されたことにより、電気暖房も前年を上回る販売となっている。9月期数量前年比をみると、こたつは1.9倍、電気カーペットは1.3倍、電気毛布は1.4倍を記録。エアコンなどのメイン暖房と合わせて使用し身の周りを効率的に温める、サブ暖房に適した商品が特に需要を拡大している。このような電気暖房でも省電力運転モードやセンサー機能など、節電機能の搭載がみられる。電気カーペットでは、必要な箇所のみ運転する面積切替機能も節電に有効とされている。

エアコンの9月期販売台数は残暑・エコポイントによる特需があった前年からは約3割減となったが、早期暖房需要や節電対策を背景に2008年、2009年同期を大きく上回った。エアコンは通年使用家電として、暖房機能の強化や省電力性の向上が積極的に訴求されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.