> > 太陽電池モジュールの試験期間、半分を実現

太陽電池モジュールの試験期間、半分を実現

記事を保存

テュフラインランドジャパンの太陽光発電評価センター(SEAC)は、通常3ヵ月以上かかる太陽電池モジュールの規格試験を、初めて1.5ヵ月で完了し、大幅な試験時間の短縮を実現した。

SEACでは年間100から150の認証プロジェクトを行っており、試験設備は常に100%近い稼働率となっている。こうした制約の中、今回の試験時間短縮は、顧客からの要望に応えて、プロジェクトとして実施した。テストモジュール11枚について、全124の試験を2011年7月21日に開始し、47日後の9月6日に終了。大幅な時間短縮は、次の試験に移行する際の待機時間を効率的に削減することで可能とした。

今回の規格試験は、IEC/EN61730およびIEC/EN61215に基づいて行われたもので、1000時間(42日)の高温高湿試験、46日間の温度サイクルTC200試験、UV試験、温度サイクルTC50試験、そして結露凍結試験などの長期連続試験が含まれている。SEACは、世界で最も短期間で太陽電池モジュールの規格試験を行える試験所となった。同社では、顧客の要望に応じて時間短縮した試験サービスを提供し、最短で市場へアクセスできるよう、強力にサポートしていく考えだ。

テュフラインランドは、太陽電池モジュール試験ラボを世界各国で展開し、ケルン(ドイツ)、上海(中国)、台中(台湾)、アリゾナ州(アメリカ)、バンガロール(インド)のほか、横浜(日本)には2施設を有する。太陽電池モジュールメーカーの約80%が、同社の施設で自社製品の試験を行い、国内外の認証を取得している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.