> > IDEC、好調なLED事業を強化、浜松に一貫生産工場を構築

IDEC、好調なLED事業を強化、浜松に一貫生産工場を構築

記事を保存

IDECは、LED事業の拡大を図るために、新主力工場として、浜松事業所(旧浜松物流センター)を全面改修し、自動生産ラインを導入すると発表した。投資額は5億円。量産開始は2012年4月の予定。今回、実施する自動生産ラインの導入は、第一次と位置づけている。
今回の設備投資では、LEDモジュール及びLED照明関連製品の生産能力の増強と大幅なコスト削減を目的に、福崎事業所(モジュール生産)と京都事業所(照明器具組立)に分散している生産機能を、浜松事業所に集約する。新工法によるモジュール自動生産ラインとロボット制御セル生産システムによる自動組立ラインを組み合わせた一貫生産システムを構築することで、大幅なコスト削減と、更なる競争力の強化を図る。

LED関連製品は、省エネ・省電力化対策として急激に需要が拡大しており、同社でも、特に国内市場における商業施設用LED照明の売上高が大幅に伸長。また、主力分野であるFA(factoryAutomation)市場でも産業用機器組込用途等のLED照明製品が堅調に推移し、今後は、工場用LED照明の需要増加も見込まれている。これらの状況から、同社のLED事業の2012年3月期の売上高は、中期計画で2013年3月期での達成を目指していた通期30億円を超える見通し。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.