> > 東芝と明電舎、中小型水力発電システム分野で提携

東芝と明電舎、中小型水力発電システム分野で提携

記事を保存

東芝明電舎は、中小型水力発電システム分野の強化を目的に、業務・技術提携に関する基本契約を締結した。
東芝は揚水発電を含む水力発電事業をグローバルに展開し、明電舎は主に日本国内において中・小型の水力発電機を中心に同事業を展開している。今回の提携に基づき、東芝明電舎に対して水車や、そのサービスを、明電舎東芝に対して水車発電機や、そのサービスを供給する体制を構築する。これにより、東芝では国内における小型製品領域の強化、明電舎では水車の供給を確保することによって、それぞれの水力発電事業を強化する。

電力系統との調和性が高く、エネルギー密度が高い自然エネルギーである水力発電システムへの関心が高まっており、特に国内においては、再生可能エネルギー特別措置法の成立を受け、対象となる3万kW未満の小型水力発電システムの需要の拡大が見込まれている。

両社は、市場拡大が見込まれる国内小型水力発電システム分野において、高効率な水力発電システムやメンテナンスサービスを提供していくことで、それぞれのシェア拡大を目指す。また、海外における中小型市場においても協力を拡大していく予定。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.