> > ソニー、米国のスマートグリット実証実験に参加

ソニー、米国のスマートグリット実証実験に参加

記事を保存

ソニーは、米国テキサス州オースチンで行われるスマートグリッド実証実験「PecanStreetSmartGridDemonstrationProject(ピーカン ストリート スマート グリッド 実証 プロジェクト)に、参加すると発表した。

実施期間は、2012年3月より2年間(最大5年間)。実証実験参加企業として、同社は、ユーザーにとって実用的なだけでなく、楽しく継続的に利用したくなるHEMS(ホームエナジーマネージメントシステム)を構築し、実用化に向けての検証を行う。

今回の実証実験の特長として、1.HEMSのローコスト化を実現する新技術を検証、2.ソニーグループの持つCE(コンシューマ・エレクトロニクス)機器、エンターテイメント等を利用した付加価値の提案、3.QOL(クオリティーオブライフ)を維持しつつ、効率的な省電力マネジメントの検証、4.オープンプラットフォームの採用、があげられている。

1のHEMSのローコスト化では、従来のように、分電盤や、機器毎に電力を測定するための装置を取り付けるのではなく、分電盤のメイン配線1カ所の電流波形を測定するだけで、家の中の主要な機器それぞれの測定が可能になるシステムを採用する。

2では、今回、TV用インターネット接続機器を実験対象の全家庭(最大500軒)に導入。これにより、リビングでTVを見るのと同感覚でいつでもエネルギーマネジメントのポータルサイトの閲覧等が可能となる。サイトへのアクセスを促すためのゲームやフリーコンテンツの配布などのサービス、また、将来的には、広告などのビジネスモデルと組み合わせることで、ユーザーの金銭的負担をなるべくかけずにHEMSシステムを運営できる仕組みを検討していく。

3の効率的な省電力マネジメントの検証では、独自開発の電力需要予測技術などにより予め電力のピークや余剰時間帯を予測し、バッテリーやEVのチャージのほか、ピーク時のバッテリーの使用など、電力供給者側とユーザー側の双方にメリットのあるシステムを構築していく。一部の家庭では、同社が開発した蓄電ユニットを併用することで各戸の消費電力平準化を図る予定。

ソニーは、家庭などに設置したスマートメーター(次世代電力計)をネットワークに接続し、電力需給を最適化するスマートグリッドの取り組みは、発送電の効率化、スマートメーターなど系統側の利便を目的としたものが中心となっていたと指摘。この分野で、ユーザーベネフィットの創造を重視している本プロジェクトが同社の方向性と一致していたため、参画を決めたとしている。同社がスマートグリッドの実証実験に参加するのは初めて。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.