> > 世界の住宅エネルギー、戸当たり消費量トップは米国

世界の住宅エネルギー、戸当たり消費量トップは米国

 印刷 記事を保存

富士経済は、北米、欧州、アジア・オセアニアの15ヵ国・地域における住宅のエネルギー需要動向を調査した結果を発表した。これによると、戸当たりエネルギー消費量(2008年)は、上位が米国、ドイツ、オーストラリア、イギリス、デンマーク、下位がタイ、インド、中国、台湾、スペインの順で、日本は10位だった。各国・地域における住宅のエネルギー事情は、気候、住宅構造、生活様式、政策など、様々な要因によって大きく異

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.