> > NTTグループ最大規模の太陽光発電設備を物流センタに導入

NTTグループ最大規模の太陽光発電設備を物流センタに導入

記事を保存

NTTグループは、太陽光発電設備について、同グループ最大規模となる設備を含む3ヵ所において、10月1日より新たに運用を開始すると発表した。

NTTロジスコの千葉物流センタ(千葉県市川市)には、発電容量480kWの太陽光発電設備を導入する。これは太陽光発電設備として、グループ保有設備の中でも、また、千葉県内でも最大規模になる。この設備による推定発電量は、千葉物流センタの電力消費量の約28%に相当する。また、停電等で商用電源がストップした際には、自立回路によるバックアップ電源供給機能も備える。

また、同日、NTT東日本の札幌西ビル(北海道札幌市)およびNTTコムウェアのビグソル九州センタ(福岡県福岡市)において、それぞれ発電容量52kW、発電容量62kWの太陽光発電設備の運用開始を予定している。これにより、グループ全体での太陽光発電設備の導入規模は約4.4MWとなる。

同グループでは、通信設備やデータセンタを保有するという事業特性のため、CO2排出量の9割以上が電力に起因する。そこで、平成20年5月に、自然エネルギーの普及促進施策「グリーンNTT」を立ち上げ、太陽光発電の導入拡大に注力。平成24年度までにグループ全体で自然エネルギーを5MW規模(年間発電量としては、一般家庭約1500世帯分に相当)導入する計画を掲げる。今後、目標達成に向け、グループが保有する土地・スペースを対象に、平成24年度までに残り約600kWの太陽光発電設備を構築していく予定だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.