> > 東京電力、今夏の節電結果まとめる ピーク電力は4922万kW

東京電力、今夏の節電結果まとめる ピーク電力は4922万kW

記事を保存

東京電力は、今夏の電力需給状況について発表した。今夏の最大電力は、東京地方で今夏の最高気温36.1℃を記録した8月18日(木)の4922万kWだった。当日の供給力は、5460万kWを確保していた。
これは、前年度実績5999万kW(7月23日(金)、東京地方最高気温35.7℃)を1077万kW下回った。8月の高気温発生時の需要水準は、昨夏の同じような気温の時と比べると、約900万kW~約1000万kW低い水準となった。

今夏の最大電力は、大口・小口・家庭用ともに、昨年より減少し、全体で1077万kW減(▲18%)となった。特に大口の顧客は、約600万kW(▲29%)の減少があったものと試算。小口は約400万kW減(▲19%)、家庭用は約100万kW減(▲6%)と試算している。

また、同社では、今夏(7~8月合計)の販売電力量は、対前年比▲14.0%と前年実績を大きく下回った。大口・小口・家庭用ともに、2桁を超える減少率となり、節電の協力の影響が大きかったとしている。

同社では、震災発生以降、今夏の高需要発生に備え、8月末に向け、被災による停止からの復旧、緊急設置電源の新設、長期計画停止火力の運転再開、自家用発電設備の更なる活用の4つの供給力対策を実施。設備量として約2000万kW(8月末時点)の供給力を確保した。

今夏(7~8月)の気象状況は、太平洋高気圧の勢力の変動が大きかったため、気温水準が大きく変動。関東甲信越地方の梅雨明けは、平年より12日早い7月9日(土)で、梅雨明け直後の7月中旬や8月中旬に高気温が連続して発生したが、最高気温が25℃を下回る日もあった。平年と比べると7月は1.5℃高く、8月はほぼ平年並みとなったが、夏を通じて見れば、記録的猛暑であった前年を下回る気温水準となった。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.