> > 身の周りの小さなエネルギー発電、エネルギーハーベスティングに注目

身の周りの小さなエネルギー発電、エネルギーハーベスティングに注目

 印刷 記事を保存

村田製作所は、身の周りのわずかなエネルギーを電気に変換し、消費電力の少ないセンサや無線などと組み合わせる技術を開発したと発表した。橋や人等の振動、体温と室温の温度差、放送の電波など、普段は使わずに捨てられている振動や光、熱、電磁波など、身の周りにある小さなエネルギーは、長期間メンテナンスフリーで使えるエネルギー源として、注目されている。こうした環境中にあるエネルギーを回収し、電気に変換する技術は、「エネルギーハーベスティング」と呼ばれている。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.