> > 発電効率8~10%アップの新型エネファーム10月から販売開始

発電効率8~10%アップの新型エネファーム10月から販売開始

記事を保存

JX日鉱日石エネルギーは、世界最小サイズで、世界最高の発電効率を有するSOFC型(固体酸化物形燃料電池)の家庭用燃料電池「エネファーム」を10月17日に販売する。
今回発売するエネファームは、現行のPEFC型(固体高分子形燃料電池)製品に比べ、約40%(容積比)小型化するとともに、定格発電効率45%を達成し、発電効率を8~10%向上させた。

また、新型エネファームは、日中の消費電力に合わせて発電し、深夜も冷蔵庫や待機電力などに電気を供給し続けるなど、ライフスタイルに合わせた24時間連続運転を行う。これにより、家庭で使用する電気の約70%を賄うことを可能とした。

さらに、バックアップボイラーとして、ガス燃焼時の排熱を再利用することで、熱回収効率を従来の給湯器に比べて15%アップの95%まで高めた、潜熱回収型高効率給湯器を標準装備する。こうした省エネ性能により、従来の給湯器に比べて、CO2排出量を約40%削減できると試算している。

LPガス仕様と都市ガス仕様を販売し、希望小売価格(消費税込み、工事費別)は270万円。なお、本製品の発売にあたっては、モニター270名に優先に販売し、モニター以外の顧客への納入は2012年1月頃を予定している。

同社は、新エネルギー事業を「ENEOS創エネ事業」として、ソフトとハードの両面で強化していく方針を打ち出しており、今回の新型エネファームの発売は、その起点となる施策と位置付けている。

発電効率がより高くなったエネファームは、経済性と環境性をより高めることができる、太陽光発電システムと組み合わせたダブル発電として提案。家庭向けのエネルギー診断サービス事業も合わせて展開していく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.