> > シャープ、タイ大規模太陽光発電所の保守・メンテナンスも受注

シャープ、タイ大規模太陽光発電所の保守・メンテナンスも受注

記事を保存

シャープは、発電事業会社NED社より、世界最大級となるタイの大規模太陽光発電所(73MW)の保守・メンテナンス業務を受託した。

同社は、本発電所において、薄膜太陽電池モジュール・周辺システムの供給と建設を受注しており、建設から保守業務まで一貫して手掛けることになる。本発電所は2010年8月に着工、現在、建設を進めており、2011年末までに運転を開始する予定。

シャープは、アジア地域における大規模太陽光発電所の保守・メンテナンス業務を行う目的で、2011年3月21日に子会社SSMA(SharpSolarMaintenanceAsiaCo.Ltd.)を設立。本発電所の稼働予定に合わせて、SSMAにおいて、大規模太陽光発電所の保守・メンテナンス業務を開始する。SSMAでは、今後拡大が予測されるタイおよびアジア地域におけるメガソーラー案件の保守・メンテナンス事業に対応していく予定だ。

保守・メンテナンス事業では、特別な教育や訓練を受けた専任者が太陽電池モジュールやパワーコンディショナに加え、発電所全体の環境整備など、システム全体の点検・保守を行う。大規模太陽光発電所の安定的な稼動・発電を実現し、発電事業の運営をサポートする。

同社では、太陽電池モジュールの生産・供給から、大規模太陽光発電所のシステムの設計・建設、さらに、保守・メンテナンスまで幅広く手掛ける「トータル・ソリューション・カンパニー」をめざしている。本発電所で採用された薄膜太陽電池は、特に低緯度・高温地域で優れた発電能力を発揮することから、アジア地域をはじめとした大規模太陽光発電所への提案活動に注力し、トータルでの受注につなげていく。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.