> > 省エネ環境認証「エコアクション21」、取得広がる

省エネ環境認証「エコアクション21」、取得広がる

記事を保存

環境認証制度「エコアクション21」の今年の新規取得は、8月末までに169社と前年から58%も増加し、近畿の中小企業で取得の動きが広がっている。環境負荷が低い資材を優先購入するグリーン調達が普及しているうえ、コスト削減にも役立つことから、製造業を中心に取得意欲が高まったものと見られる。

近畿の企業では、8月末時点でエコアクション21を取得した893社の大部分が中小企業で、業種別では製造業が27%で最も多く、ついで建設業が24%となっている。昨年、新規取得した企業は、前年比37%増の206社で、今年は昨年を上回る勢いで増加している。

その背景には、経済団体や業界団体による活発な支援がある。大阪府中小企業家同友会、関西経済連合会などでは、共同セミナーや勉強会を実施。厳しい競争のなか、顧客維持のために取得する企業が多いという。

また、大手企業が自治体でグリーン調達が進んでいることも一因となっている。大手企業の要請で取得したり、自治体が公共工事の入札で取得を評価点に加えるため取得するケースもあるという。

一方で、エコアクション21は初期費用が20万円程度で、環境認証制度「ISO14001」の5分の1以下で取得ができるうえ、小さな事業所でも取り組みやすいよう審査方法などが工夫されていることから、取得しやすい環境が整備されていることも取得増の要因となっている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.