> > 台風12号で揚水発電3カ所が一時停止

台風12号で揚水発電3カ所が一時停止

記事を保存

東京電力は、台風12号の上陸に伴う大雨の影響により、ダムの水位が上昇した揚水発電所3カ所について、ダム統合管理事務所から、ダム運用の規則に基づいて使用停止の指示を受けたことにより、使用停止の制約が解除されるまでの間、これまで揚水発電による供給力として織り込んでいた700万kWが530万kWに一時低下することを発表した。

具体的には、同社の玉原発電所及び電源開発の新豊根発電所、沼原発電所の合計232.5万kWが一時使用停止となることから、揚水発電による供給力を改めて精査し、530万kWに低下させるもの。

ただし、適正な予備力を確保できる見通しであることから、同社サービスエリア内における電力の安定供給に問題はないという。また、現在、同社発電所およびダム設備に損壊等の被害はないことから、当該発電所は台風の通過により天候や河川の状態が安定してきた時点で順次使用可能となる見通し。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.