> > 丸紅、英国の172MWの洋上風力発電事業に出資参画

丸紅、英国の172MWの洋上風力発電事業に出資参画

記事を保存

丸紅は、洋上風力世界最大手であるデンマークのDONGEnergyA/S(DONG社)と提携し、英国沖合で商業運転中のガンフリート・サンズ洋上風力発電(発電容量172MW)に出資参画すると発表した。本件は、日本企業として、初の商業運転中の洋上風力発電事業への本格出資参画となる。

同社はDONG社と、現在DONG社が100%出資する同風力発電の権益49.9%を取得することで、基本合意した。権益取得対価は約2億ポンド(約250億円)で、2011年度第三四半期中に取得手続を完了する予定。同社では日本貿易保険の海外事業貸付保険を活用したファイナンスも検討している。

DONG社は、洋上風力の分野で世界シェアトップ(28%)の大手総合エネルギー会社。丸紅は、DONG社をパートナーにすることで、本プロジェクトを通じて洋上風力発電の開発及び操業のノウハウを取得。今後、同分野での欧州における事業参画を進めるとともに、北米や日本など、将来洋上風力発電事業が本格的に進められる可能性のある市場への投資を検討していく。なお、丸紅は、米国中部大西洋岸地域において、洋上風力発電用の大規模海底送電線事業をグーグル社等と共同で開発しており、電力事業における新規分野への取り組みに注力している。

丸紅は、本件を合わせると、日本国内を含む全世界23ヵ国において、ネット保有発電容量は合計8796MWに達し、このうち、水力発電所を含む再生可能エネルギー資産は450MWとなる。同社では、現在遂行中の中期経営計画で、ネット保有発電容量を11000MWに拡大させ、そのうちの再生可能エネルギー資産の保有比率を10%とする目標を掲げ、電力事業に積極的に推進している。

ガンフリート・サンズ洋上風力発電は、英国南東部Essex州の沖合7kmにある風力発電で、2010年春に稼働を開始した。発電容量3.6MWの風力発電48基を擁し、英国の約12万5000世帯へ電力を供給している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.