> > カード携帯型放射線累積線量計が登場

カード携帯型放射線累積線量計が登場

記事を保存

触れた放射線量の累積値を計測する、カードタイプの携帯型放射線累積線量計「RADFit(ラドフィット)」が登場した。

日常的に放射性物質や放射線源に触れる機会のない人たちが、ポケットや財布、パスケースなどに入れて常時携帯し、簡単に環境安全性をチェックする目安計として利用できる。また、放射線を感知した場合、即座に発色するため、放射線災害時や警戒時には、20mSv以上の放射線が飛散しているかどうかを判定する線量計としても使用できる。

卸売・PB商品の企画開発を手掛けるオークセールが米国から輸入し、ケーズデンキやコジマ、西友などの販売店を通じて販売している。

本製品では、カード中央にある放射線センサー部が、ガンマ線(X線)、ベータ線(強い電子線)に反応して、累積放射線量に応じて色が変化する。その目に見えない電離(イオン化)放射線の状況を、分かりやすいカラー識別システムで即座に目視確認できるようにした。

購入後すぐに開封して携帯し、1年間の累積値が表示できる使い切りタイプ。購入後すぐに未開封のまま冷凍保存をすれば、最長約5年程度の備蓄が可能。リアルタイムにその場の線量を計測する一般的な線量計(ガイガーカウンター)を利用する場合は、それを補完するもので、置き換わるものではない。

本製品は、米国政府による研究支援の下、画期的な携帯用放射線累積線量計として開発された。現在、その技術は米国国土安全保障省による検証を完了し、米国で広く流通している。米国防省は日本外務省へ、本製品計31000枚を支援納入している。また、オークセールではRADFitの利益の一部を、東日本大震災で被災された人たちへの支援に充てている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.