> > 日立・新神戸電機、NEDO事業で大型蓄電システム実証

日立・新神戸電機、NEDO事業で大型蓄電システム実証

記事を保存

日立製作所と新神戸電機は、NEDOの大型蓄電システム開発助成事業に参画すると発表した。NEDOの助成事業「安全・低コスト大規模蓄電システム技術開発」の公募に共同で応募し、実施先として採択された。

蓄電システムは、再生可能エネルギー大量導入下での電力の安定供給を実現する有望な対策のひとつである。本事業では、これを実用化するために、基幹系統内に大規模な蓄電システムを設置し、余剰電力の吸収や周波数変動の抑制が可能な、安全で低コスト、長寿命な蓄電デバイスと蓄電システムの開発を行う。新神戸電機が蓄電デバイスの開発を、日立が大規模蓄電システムの開発を担当し、これらの開発成果をもとに、両社はメガワット規模の電力系統の実証試験を2016年2月末まで実施する。

具体的には、新神戸電機は、自社の長寿命な鉛蓄電池の改良等を行い、入出力特性と寿命特性に優れた蓄電デバイスの開発を行う。また、日立は、自社の電力制御技術を活用し、電力系統内に設置する複数の蓄電デバイスを組み合わせた蓄電システムの最適な構成の検討とその運用技術の開発を行う。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.